現在バツイチになって、ワンルームマンションで一人暮らしをしているOLのわたし、新しい出会いと言うのはあんまりあるものではありません。
ですから、恋人もいない状態で現在、寂しい気持ちに支配されていました。
本来バリバリとお仕事をこなすようなキャリアウーマンといったタイプではありませんから、できれば結婚をして家庭に入り主婦になりたいと思っていたのですが、前の旦那とは結婚2年で破綻してしまいました。
性格の不一致だったり、肉体的な相性も全く良くなくて、いろいろな意味で不満を持っていたのです。
別れたのはいいのですが、今度は生活がとても大変になってしまっていました。

 

 そんなある日、学生時代からの友達と一緒にお酒を飲みに行ったときのことでした。
なかなか生活が大変だし、仕事するのが厳しいという愚痴を話していたのです。
その友達なんですが、すでに結婚をして子供もいてとても幸せそうなんです。
旦那さんも理解があるようで、今日私そのお酒の席も快く送り出してくれて子供を見ててくれると言うのですから羨ましくて仕方がありません。
心なしか彼女、以前よりも綺麗になったような気がするし、きっと幸せな結婚生活を送っているんだなと思いました。
それに比べて私はバツイチ、さらに恋人もいませんから悲しい毎日を送っているのです。
嫉妬するようなことはありませんが、何だかひたすら羨ましいと言うような気持ちが湧き出てしまいました。
せめて生活がもう少し楽だったら、そんなことばかり考えていたのです。
そしたら彼女が言い出したのです。
「愛人でも作ったらどう?」
本当に驚いてしまいましたが、愛人なんて言葉が出るなんて思ってもいませんでしたから。
「実はさ私、学生の頃に年上のおじさんと愛人になっていたんだ」
そんなの今初めて聞いて驚くばかりでした。
そんなに目立つタイプの女の子ではなかったのですが、こういう関係を作っていたなんて初耳だったんです。
「それ本当の話なの?」
「うん、おじさんと愛人契約をしてエッチする代わりにお金もらってたの!」

本当に信じられませんでした、この子がそんなことをしていたなんて。
ただお酒の席の話でしたから、さらりと流して別の話題で盛り上がって、その日は解散となっていたのです。
一人暮らしのマンションに戻って、はぁって一息ため息を突いてしまいました。
幸せそうな友達の顔を見ていたら、何だか余計に一人暮らしが虚しくなっちゃって。
ただお付き合いをするようなことはしばらくはしたくない気持ちもありました。
前の旦那と別れて、こりごりな部分がありましたから少し1人の時間を続けていきたいという気持ちもあったのです。でも生活を何とか助けてくれるような相手がいたら、友達の言葉を繰り返し思い出しました。
おじさんと愛人契約…本当にそういう出会いってあるものなのかな?
愛人になるってどんなことなんだろう?繰り返し頭の中で考え続けていたのです。

 

 

プロフィール
名前:サヨリ
性別:女性
年齢:28歳
離婚をして現在バツイチで一人暮らしをしているOL、独身の生活が寂しいし彼氏も出来ないことから、悩みを抱えている。
生活も決して楽なものではないし、仕事をバリバリこなすタイプでもないので、何とかいい方法はないかと思案していた頃に、友人から愛人というキーワードを教えてもらって…

 


このページの先頭へ戻る